見出し画像

「バーチャルマーケット2023 Winter」企業ブース体験レポート【パラリアルロンドン編】

みなさんこんにちわ! ライターの高島おしゃむです。今年の夏に続き、2023年12月2日(土)~17日(日)まで開催中の世界最大のVRイベント『バーチャルマーケット2023 Winter』(以下、Vket)にお邪魔してきました。いや~、久々にこの世界に舞い戻ってきたって感じがしましたね!!


今回のVketでは、企業ブースとして「パラリアル渋谷・原宿」と、「パラリアルロンドン」、「パラリアル沖縄」という3つのワールドで展開されていますが、その体験レポートをお届けしていきます。ということで、最初に訪れたのが「パラリアルロンドン」です。

ワールドに入って、真っ先に驚かされたのが、なにやら地下鉄のような場所にたどり着いたことでした。電車が通り過ぎていったあと、ホームを歩いていると、まるで映画のオープニングのようなクレジットが表示されます。

思わずここで「8番出口はどこだ!?」

と叫びそうになりましたが、こちらに来いと呼びかけてくれているキャラクターが出現。そこに設置されたドアに飛び込むことで、ようやく「パラリアルロンドン」の世界にたどり着くことができました。

なにやら誘い込むように呼びかけてくるキャラクターの姿が!?

まさに『ハリー・ポッター』の世界に入り込んだかのような体験に、思わず感動してしまいました。

地下鉄からいきなり屋外に出たところ、そこは冬のロンドンをイメージしたようなたたずまいとなっていました。バックには気分を盛り上げてくれるようなBGMが流れており、徐々にVketの世界にハマっていきます。

まさに冬のロンドンといった雰囲気の「パラリアルロンドン」に到着!魔法の杖も発見!
こちらが「パラリアルロンドン」のワールドマップ。どこにどんな企業のブースがあるのか、あらかじめチェックしておきましょう!

所属クリエイターによるオリジナルカジノが楽しめる!「UUUMブース」

「パラリアルロンドン」に到着後、真っ先に目に入った企業ブースが「UUUMブース」でした。何やら入り口付近に怪しいキャラクターがいるので、そっと近づいてみると……

「早くこっち来いやー!」「なにしとんねん、はよ入れ!」

とどやされることに。というわけで、さっそくブースの中へと突入してみました。

入り口では「はじめまして松尾です」さんと「のばまん」さんのアバターがお出迎え!

この「UUUMブース」では、UUUM所属のクリエイターであるのばまんさんと、はじめまして松尾ですさん、コウイチさんの3名によるオリジナルカジノブースが展開されていました。まずは、ブース正面に設置されていた「コウイチルーレット」に挑戦してみることに。

ルーレットの目によってリアクションが楽しめる「コウイチルーレット」。

こちらでは、掛けるコインを選んでルーレットを回し、その倍率によってコウイチさんのリアクション動画が見られるというコンテンツが楽しめるようになっています。ルーレット自体もコウイチさんのアバターが回してくれるなど、なかなか凝った作りになっており、それを見ているだけでもかなり楽しめるものとなっていました。

コウイチさんのアバターが、ルーレットを回してくれる!

なによりも面白いのがそのリアクション。表示される動画のバリエーションもルーレットの目の数だけ用意されており、思わず全部見終わるまで回したくなってしまいます。

ルーレットで出た目に合わせて、コウイチさんのリアクション動画が見られます。

そのお隣に設置されていた「のばまんガシャ」を回すと、なんとのばまんさんのアバターがゲットできます。しかも、5種類も用意されており、どんなアバターが手に入るのか? といったことも楽しむことができました。もうひとつユニークなポイントが、「はじめまして松尾ですATM」です。ここではベットできるコインを引き出すことができるのですが、連打するごとにその金額がどんどん増えていきます。しかし、あまりにもボタンを連打してしまうとブルースクリーンになってしまうというオチも!?

「のばまんガシャ」でアバターをゲットしてパラリアルロンドンを練り歩こう!
「はじめまして松尾ですATM」のボタンを連打して、コインを引き出しているとだんだん表示されているイラストが焦りだしてきます。
無視して連打し続けた結果、なんとブルースクリーンに!

話題の『SHARP VR Glass』をバーチャルで展示!「シャープブース」

今回がVket初登場となるシャープブースでは、簡単に装着でき長時間の使用でも快適に使える軽量のVRヘッドマウントディスプレイ『SHARP VR Glass』のバーチャル展示が行われていました。

ブース内では、実際にどんなスタイルで利用出来るのか、アタバーを使ったわかりやすいユースケースが展示されていたほか、『SHARP VR Glass』の3Dモデルも展示。間近で見るとどんな感じなのかも、バーチャルで体験することができるようになっていました。

また、同ブース内ではファンヒートや『SHARP VR Glass』の3Dモデルがプレゼントされるキャンペーンも実施されていました。詳細が書かれたリンクページへのアクセスもできるので、こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

メタバース内で30種類もの国産酒を展示販売!「髙島屋ブース」


今回初の独立ブースとして出展しているのが百貨店の「髙島屋」です。今回は、「ジャパニーズSAKE祭」として、日本全国から選ばれた国産クラフト酒30種類がブース内で展示・販売されていました。精巧な3Dで作られた酒瓶を眺めているのも楽しいですが、どうやってお酒を選べばいいのか分からないという人の為にアンケート形式で好みの酒を判定してくれる「お酒チャート」も用意されていました。

ブース内では、可愛いアバターがお出迎え!
ズラリと並んだ国産酒。
アンケートに答えていきながら好きなお酒を判定してもらおう!

12月9日には、現役のお酒バイヤーとメタバース内で直に話ができる「スペシャル接客イベント」も実施。それに加えて、ブース内でアンケートに答えた人やXに写真をポストした人を対象にしたプレゼントキャンペーンも実施されていました。

もうひとつユニークなギミックが、ブース内に設置されている「PHOTO BUTTON」です。こちらで自分のアバターが撮影できるほか、その姿がブース中央上空に表示されます。まるで自身がブースの広告塔になったような体験が楽しめます。

ブース内で記念撮影も楽しもう!

最新スロットマシンに挑戦して3Dアイテムをゲットしよう!「ユニバーサルエンターテインメントブース」

パラリアルロンドンでありながら、超和風な巨大なお城がどーんと現れたかと思ったら……なんとユニバーサルエンターテインメントのブースでした~!! こちらのブースは、『バジリスク~甲賀忍法帖~』シリーズの世界観をモチーフにしたものとなっており、お城の入り口では最新機種の『スマスロバジリスク~甲賀忍法帖~絆2 天膳 BLACK EDITION』が遊べるようになっていました。

実際に遊べるスロットマシンもズラリと並んでいました。
スロットの絵柄が揃うと、特別な演出も表示されます。

このスロットマシン、演出シーンなども再現されており、ついつい夢中で遊んでしまいました。スロットマシンの上部には、連続撃破ランキングも掲載。今回は16止まりで残念ながら1位タイは逃してしまいましたが、トップを狙って挑戦してみましょう。

今回は残念ながら一位は逃してしまいました。

ブース内では、スロットマシンで貯めたポイントで筐体アイテムと交換ができるほか、3Dアバター用のTシャツやアパレルも販売。2階のエリアでは、『バジリスク~甲賀忍法帖~』に登場するキャラクターと一緒に撮影が楽しめる、フォトスポットも用意されていました。

ポイントを稼いで交換所で筐体アイテムと交換しよう!
アバター用のアパレルも販売。
好きなキャラクターを選んで、一緒に撮影することもできます!

美麗な3Dアバターを展示!「J.フロント リテイリングブース」

J.フロント リテイリングのブースでは、大丸松坂屋百貨店のオリジナル3Dアバター5体を展示。今回は「正装」がコンセプトになっているということもあり、いずれもおしゃれで高貴な装いのアバターとなっており、近くで眺めているだけでもうっとりしてきます。

また、ブース内に設置されているアンケートに答えることで、オリジナル待ち受け画像をゲットできるキャンペーンも実施されているので、忘れずにチェックしておきましょう。

AIサービスの「ロボット弁護士」に相談もできる! 「Robot Consultingブース」


なにやらブースに近づいたときに同意書が表示されるので、そちらのボタンをクリックすることでアクセスできるようになるという、一風変わったブースが「Robot Consultingブース」です。同社は法律関連のサービスを取り扱っており、そちらに関連したコンテンツがいくつか用意されていました。

表示される規約をよく読んでから、「同意する」のボタンをクリックするとブースにアクセスできるようになります。

ブースの外側に用意されたギミックが「勝訴ダッシュ」です。「勝訴する」と書かれたボタンが設置されているので、そちらを押すとドアから「勝訴」と書かれた自分のアバターが飛び出していきます。そのポーズを写真に撮ってシェアするなどして、楽しむことができるってわけですね!

ブース内部は、裁判所をモチーフにしたデザインになっています。Amazonギフトカード1000円分が当たるキャンペーンなどの記載も。その中でも特にユニークな試みとして設置されているのが、AIサービス『ロボット弁護士』の3Dアバターです。

こちらは音声のやりとりで、メタバースに関連する法律の相談に乗ってくれるというもので、その体験がバーチャル世界でできるようになっています。

もうひとつ、メタバース上で起きた経験などの調査も行われており、5つの質問に答えていくことで他の人たちが答えたものの集計が見られるようなコーナーも用意されていました。メタバースと法律というと少し遠い世界のような感覚もありますが、オンライン上ではあっても実際は人と人とがやりとりすることが多いので、今後はもっと身近なものになっていくのかもしれませんね。

キャンペーン情報も見逃さないようにしましょう。

こちらが、話しかけることで相談に乗ってくれるAIサービスの『ロボット弁護士』。

おなじみ「ベルクランド」がさらにパワーアップしてた!? 「ベルクブース」

「パラリアルロンドン」の終着点近くにあったのが、スーパーマッケットの「ベルクブース」でした。こちらはブースと言うよりも別のワールドに移動するような感じになっており、かなり大規模なコンテンツが展開されていました。

こちらが「ベルクランド」に移動したところ。独特の世界観が一面に広がっています。

この「ベルクランド」で、真っ先に目に入ってきたのが、「スーパーベルクカート∞(インフィニティ)」です。ショッピングカートを使ったカートレースが楽しめるというものですが、それがさらにパワーアップして壮大なコースを走り回ることができます。

こちらが「スーパーベルクカート∞(インフィニティ)」の入り口。


「スーパーベルクカート∞(インフィニティ)」では、長く複雑なコースを、ショッピングカートに乗って走ることができます。

もちろん、「スーパーベルクカート∞(インフィニティ)」だけではなく、通常の「ベルクサーキット」も用意されているので、コンパクトに楽しみたいという人はそちらもオススメです!

こちらはおなじみの「ベルクサーキット」。同じくショッピングカートでコースを走ることができます。

また、これまたおなじみのメタバース内でボウリングが楽しめる「ベルクボウル」も設置されていました。しかし、この「ベルクボウル」。実際にやってみると、なかなかボールをまっすぐ投げるのが難しく、かなり連投する必要がありそうです!?

遊び方はとってもシンプル。ボールを取ってレーンの上で投げるだけ!
レモンなど変わったボールが出てくることも?

ということで、ここまで「パラリアルロンドン」をずずずいーっと回ってきましたが、なかなか濃厚なブースが多い印象でした。ほかにも、「パラリアル渋谷・原宿」や「パラリアル沖縄」といったワールドが展開されているので、そちらも別の記事でご紹介していきます!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!