見出し画像

はじめてのVket!3Dクリエイターにブース制作をインタビュー!【Minuet_Dollさん】

Virtual Market開催間近!ということで、過去にVketに出展したクリエイターにインタビュー!今回は、Vket5の会場のワールドを担当したMinuet_Dollさんです。

ーーご自身の活動や経歴についてお聞かせください。

元々は、自分のキャラクターがVRで動いているところが見たくてバーチャルの活動を始めました。VRChatとの出会いを機に本格的にアバターやアイテム制作をするようになりました。今ではありがたいことに自主制作の他にも企業様のメタバース向け案件やVTuber様のオーダーメイド等も承っています。

ーーVketにはどの会から参加されましたか?

サークル参加は初代から、スタッフ参加はVket3のPretty Pop Partyのワールド制作が初めてです。その後も一般参加としてもスタッフとしてもちょくちょく関わっています。

ーーVket初参加時の思い出はありますか?

デスクトップモードだとアバターが棒立ちになってしまうことが気になっていたので、ぬいぐるみを可愛く両手で抱きかかえたアバターを作ってVketに出展しました。

展示がきっかけで、実際にお迎えしてくださった方や珍しいアイディアということで話題にしてくださる方がいらっしゃったりと、とても嬉しかったのを覚えています。

ーーVketに出展しようと思ったきっかけはなんでしょうか

VRChatを始めたのとほぼ同時期に第一回Vketが開催され、ものすごく面白そうな空気を感じたからです。

ーーブース制作はどのように作っていますか
過去のブースからパーツを使いまわしてはセコいアップデートを繰り返しています(笑)。パッと見で目立つビジュアルにしたいので規定サイズいっぱいの大きさに増築しました。

ーー最初につくったブースは、どのようなものでしたでしょうか

フォトスポットとしても利用してもらえるよう、SNS映えのするフレームを設けたりと、めいっぱい可愛くしました。
当時ライトベイクの概念をよくわかっておらず、落ち影も全部手塗りしたので大変でした。

ーー今後の展望や野望を教えてください!
趣味全開のガーリーでファンシーなお洋服のメタバースブランドを出したいです!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!