見出し画像

【最新アップデート情報!】My Vket開発会議 特別編 まとめ(後編)

🔶「My Vket開発会議」配信について

My VketVket Cloudの開発進捗や、ユーザーさんの活動・アイデア・コメントなどを紹介していく配信です。

今回の発表は情報量が多いので、前後編にてお伝えいたします。
開発の想いやロードマップの詳細をまとめた前編はこちら。 
後編ではそれぞれのアップデート内容を
一部になりますが詳しく紹介させていただきます。

🔹「My Vket」ってなに?

ブラウザで楽しめるメタバースサービス!
簡単にアバターを作れたり、自分のお部屋を作れます

🔹「Vket Cloud」ってなに?

メタバース開発エンジンです!
WEBブラウザでアクセスできるメタバース空間が作れます。

🔹MC
mei(My Vket / Vket Cloud 広報・コミュニティ)
喜田 龍一(COO Vket Cloud 開発責任者)
ラフ(My Vket プロダクトマネージャー)
岩花(Vket Cloud SDK / シーンビルダー ディレクター)
さわえみか(COO/CQO クリエイティブディレクター)
育良 啓一郎(PR ユーザーコミュニケーション)

アーカイブ動画はこちら


🔶Vket Cloudアップデート情報 まとめ

🔹Vket Cloud SDK大幅アップデート

現在のバージョンが5.4なのですが、いきなり9.1まで上がります。
6~8は社内用で開発を進めていたのですが、
9.1でようやく皆様にお届けできるようになりました。

バージョン9.1では、便利な機能がたくさん追加される予定です。
ただしすべてを紹介しきれないので
その中から3つご紹介していきたいと思います。

インストールウィザード

まではVket Cloud SDKをインストールする際に
デフォルトでは最新バージョンしかダウンロードできませんでしたが、
インストールウィザードを使うことで
安定バージョンと最新バージョンのどちらも選択可能になりました。
さらに設定やバージョン変更なども簡単になっています。

移動速度の変更

要望の多かったプレイヤーの移動速度変更ギミックを実装いたします。
はじめから速度を変えたいよ、というときはUnityの
「World」内の「Player」から設定できます。
またギミックとして変更することも可能です。

赤いエリアに入ると早くなり
青いエリアに入ると遅くなる

特定のエリアに入ったり、
ボタンでスピードを変更することができるように。
ひとつのワールドで複数の速度調整ができるので、
いろいろなスピード表現をすることができます。

ルックアットカメラ

今までは「Billboad」という名前でしたが、
「ルックアットカメラ」という名前に変わりました。
どういうものかというと、ずっとこっちを見てくるという機能です。
吹き出しなどをカメラに向け続けることで読みやすくするなどができます。
HeoObjectの中に入っていますので使ってみてください。

🔹3Dモデルやギミックデータを提供開始!

ワールド制作に使える3Dデータや
ワールドギミックの提供を開始いたします。
ストアサイトからデータをダウンロードし、
Unityに持っていけるというものです。
時計や先ほど紹介した吹き出しギミックなども配布していきます。
一部My Vketで先に配布していた画面共有機能なども
アクティビティクラスとして配布いたします。

始めは公式アイテムのみですが、
将来的にはユーザーさんもデータを配れたり、販売できたりする予定です。
ただしMy Vketのストアに登録した商用利用可能なアセットは
こちらでも表示されるようになりますのでご注意ください。

🔹新プランを提供開始!

現在は無料プランのみですが、有料プランが開始されます。
チームで開発が可能になる「ベーシックプラン」、
ビジネス向けに「ビジネス」「ビジネスプラス」などが開始になります。
ワールドが作れるクリエイターさんは
フリーかベーシックで利用可能していただくことを想定しています。
またベーシックには複数人で開発ができる機能が入りますが
今後はワールド人数増加なども追加していく予定です。

また今回のプランは料金形態にかかわらず
「クリエイティブな表現という点において制限をかけない」
ということをキーワードにしています。

つまり、どのプランでもすべての機能を使ったワールドが作れますが
プランによって制作に便利なオプションがついてきます。
例えばフリープランでも有料イベントを開催することができますが、
ビジネスプランなら会場を創るスキルが無くてもできる、という感じです。

🔹シーンビルダーβ版導入!

2024年前半予定、Unity不要でワールド制作が可能に!
Vket Cloud開発当初から想定していた「シーンビルダー」が、
やっと公開できるところまで来ましたのでご紹介いたします。

現在のUIは開発中で、もっと使いやすいものにしていく予定です。
ブラウザ上で動かせるため、インストールも不要になります。

Unityのような操作感を残しつつ、
Vket Cloud SDKおなじみの設定も使えるようにしていきます。
さらにテスト用の再生ボタンを押せば即座にテストができる、
スクリプトもそこで書き換えられるなど、
便利な機能が盛りだくさんになります。

理論上はスマホでも動かせるそうですが、
スマホでも安定して動くようにようにしたいですね。

では次はMy Vketのアップデートを紹介いたします!

🔶MyVketアップデート

🔹ユーザー同士でアイテムの販売が可能に!

有料アイテムの販売がユーザー同士で可能になります。
自分が作ったアバターや家具を、
好きな価格をつけて出品できるようになります。
いままでのVket Storeでは
「買ったものをダウンロード」→「Unityで組み込む」という流れだったため
購入・販売ができる人が限られてしまっていました。
My VketならVRMファイルとGLBファイルを
アップロードするだけで販売が可能になり、
購入側は入手ボタンを押せば
すぐにMy Vket内で使えるという便利な機能です。
Unityが使えなかったユーザーも、ポチって買えるのはうれしいですね。

有料販売については、まずは公式から開始し
2024年の年明け以降にユーザーさんも可能になる予定ですので、
ご期待ください。
ちなみに無料商品は現在も出品できますので、
クリエイターさんはどんどん登録いただけると嬉しいです!

🔹アバターメイカーがリニューアル!

8月のアップデートに合わせてポップなイメージに。
さらに今まで少しわかりにくかったアイコンなどを
直観的にわかりやすくします。
見た目がとても変わった感じがしますが
レイアウトはそこまで変更してないので、
今まで使ってくださっていたユーザーさんも安心してご利用ください。
カラー変更もカラーパレットが追加になり、
ワンボタンで色変更が可能になりました。
さらに今後は顔のバリエーションもいっぱい増える予定です。
ケモノ系も増えますよ~。

🔹ハロウィン向けアイテムが登場します!

10月ですのでハロウィンのアセットを提供予定!
なかなか季節もののアイテムを出せていませんでしたが、
やっと出せることができました。
ワンクリックでコスプレができますので、
My Vketでもハロウィンを楽しんでください!

11月アップデート予定

🔹イベント登録機能を開放!

お待たせしました!
今までは運営だけが登録できたイベントを
ユーザー自身が自由に登録できます!
(実は運営も手動登録だったのでとても助かります!)
どんな規模のイベントも登録できますので、
たくさんイベントを開催してくれると嬉しいです!
こちらの機能は11月以降を予定しております。

🔹ブラウザ通知機能を追加!

こちらも11月以降のアップデート予定ですが
ブラウザ通知がMyVketに来るようになります。
友だち登録している人のイベント登録時、
ダイレクトメールなども通知が届きますので、
さまざまな情報をリアルタイムでキャッチできる機能です。
まだ先になるかもしれませんが、自分のルームに来た時の通知も開発中!

🔹マイアバターをNPCにできる!

今までは誰もいなくてさみしかったお部屋に、
いつでも自分のアバターを置いておけるようになります。
ランダムで歩いたり、モーションをしたりと
本当に住んでいるような動きを開発中。
さらに会話も楽しめるようになっていく予定です。
マイアバターがお客さんをおもてなししてくれる未来も!

🔹ルームのUIがリニューアル!

いろいろな機能やが増えたり、家具の追加があったりしたため
情報が増えて使いづらくなっていた部分を見直し、
デザインを新たにUIを変更します。
ボタンの説明パネルが追加したり、倉庫のカテゴリ分けなど、
わかりやすく使いやすいUIに生まれ変わります。
ちなみにスワイプではじいた時にすーっと流れるような、
メニューを早く動かせるギミックも追加予定です。

🔹部屋のレイアウトを3つまで保存可能!

いままでは一つの部屋を上書き保存しかできませんでしたが、
3つまで保存できるようにました。
作りかけを保存してあとから編集しなおしたり、
TPOに合わせてお部屋を変えられるようになります。

🔹巨大モニターを追加!

画面共有用のモニターオブジェクトの
大きなバージョンが追加されます。

比較するとわかりますが、こんなに違う!
めっちゃでっかくなります!

12月アップデート予定

🔹背景の動く窓の導入!

画像なのでわかりづらいですが、
窓の外の背景が流れる窓を実装します。
奥行きが感じられるようになり、
様々な世界観を表現できるように!

今回の発表は以上になります。
語られなかった追加機能の予定もありますので
(部屋の大きさを変えられるなど)
それについては今後詳しくお伝えできればと思います!

🔶次回の配信

10/25(水) 21:00~

新たなアップデート情報などお届け予定です!


以上、My Vket開発会議【特別編】まとめ(後編)でした!

次回も楽しみにしていてくださいね!

またVket Cloudの公式Discordサーバーでは質問等も受け付けておりますので
ぜひご活用ください。

My Vketの最新情報はTwitterでチェック!

おすすめ記事


この記事が参加している募集

#メタバースやってます

1,897件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!