見出し画像

【Unity】VRChatでアバターを導入する方法:初心者向けガイド

VRChatは、友達と楽しい時間を過ごすための仮想空間プラットフォームで、個性を表現するアバターを使うのが魅力的です。このガイドでは、初心者の方々に向けて、アバターを導入する手順を分かりやすく紹介します。以下の章に分けて説明します。


VRChatのユーザーランクをチェック

VRChatには、プレイ時間などに応じたランクがあります。初めた直後は「Visiter」ですが、「NewUser」にランクアップすると、任意のアバターとワールドをアップロードすることができます。
自分のランクを確認したい場合は、プロフィールをチェックしましょう。

Unityの導入とライセンス設定

アバターをVRChatにアップロードするためには、Unityを導入しライセンスを設定する必要があります。

Unityの導入

UnityHubを公式ウェブサイトからダウンロードしてインストールします。UnityHubは異なるバージョンのUnityを管理するのに役立ちます。

VRChatの公式サポート対象のUnityバージョンを確認し、UnityHubを使用してそれをインストールします。現在のUnity対応バージョンはUnity 2019.4.31f1です。

Unityライセンスの設定

UnityHubを起動し、「ライセンスを管理」をクリックします。


Unityアカウントでサインインするか、新しいアカウントを作成します。
「無料のPersonalライセンスを取得」を選択し、必要な情報を提供してPersonalライセンスを取得します。

VCC(VRChat Creator Companion)のダウンロードと導入

次に、アバターをVRChatにアップロードするためにVCCをダウンロードし、設定します。

VCCのダウンロード

VRChatの公式ウェブサイトからVCCをダウンロードします。

VCCの導入

VCCを起動し、Unityのインストールパスを指定します。初回起動時に案内が表示されることがありますので、指示に従いましょう。

アバターの場合は、右の「Avatars」を選択。
右の「Open Project」でunityが立ち上がります。

VCC内で新しいプロジェクトを作成し、プロジェクト名と保存先を設定します。プロジェクトを管理しやすい場所に保存しましょう。

アバターのインポートとアップロード

最後に、作成したアバターをUnityにインポートし、VRChatにアップロードします。今回は、Vketちゃん1号を例としてアップロードします。


アバターのインポート

Vketchan_v2.0.2.unitypackageがあります。

Unity内で、Unitypackageファイルをダブルクリックするか、ファイルをドラッグ&ドロップしてアバターをインポートします。

インポートした際の画面

必要なシェーダーやファイルが指定されていれば、それらもインポートしましょう。

アバターアップロード

Unity内で、VRChat SDKのメニューから「Show Control Panel」を選択してコントロールパネルを表示します。

VRChatのアカウントでサインインします。

アバターに名前を付け、「Build & Publish for Windows」でアップロードを開始します。

Upload Succeeded!と表示されれば、アップロード完了です!

アップロードが完了すると、アバターがVRChatで使用可能になります。これらのステップを順に進めることで、仮想世界で友達と楽しいコミュニケーションを楽しむことができます。


この記事が参加している募集

#メタバースやってます

1,886件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!