見出し画像

【Vketプロデューサーレター】一歩先へ!新出展方法でVketが生まれ変わる

2023年12月2日~12月17日で開催されるバーチャルマーケット2023Winter。制作の状況とお届けする「Vketプロデューサーレター」も冬仕様で復活です。

特に今回はコミュニティ出展と、アイテム出展が新登場。それについてプロデューサーマネージャーのなごみさんにお話をお聞きしました。

プロジェクトマネージャーとしてイベントの立ち上げから全体の指揮と取りまとめをしている、なごみです。

Vket2023winterを一言で表すなら、新しい可能性に出会うVket。新しく発表された、コミュニティ出展とアイテム出展についてお話します。


コミュニティ出展とは?


VRChatで活動している様々なコミュニティの方々に向けた出展方法となります。画像のみで入稿ができ、非常に簡易な形で出展を行うことができます。
今回は特に「店舗型イベント」を運営しているコミュニティ向けとなっており、ワールド内では実際に店舗が並ぶようなイメージで配置されます。

今回始めての形式となり、コミュニティ単位で出展し、画像の入稿のみで完結する形式となります。個人で入稿するのではなく、VRChatに無数に存在する「コミュニティ」にも目を向けていくべく、今回出展枠を作りました。

今回は「店舗型イベント提供コミュニティ」をメインのターゲットにしていますが、他にもコミュニティというくくりの団体はたくさんあります。そういったところを含めVRCでの活動を宣伝・共有できる出展にしていきたいです。

※「店舗型イベント」を提供していないコミュニティの方でも出展は可能です!

アイテム出展とは?

通常のブース出展をより簡易にした形で、アイテムの3Dモデルを入稿するのみで完了する出展形式です。
衣装やアクセサリー、小物、ブース内に収まればアバターも置くことが可能となります。これは元々Vket6のVketMall企画で生まれた出展形式で、ブースを制作せず、アイテムモデルを入稿するだけで済む簡易な入稿形式として生まれました。
大きさも小さく収まるのでショップなどの小規模ワールドにも置くことができ、数もブースより多く配置することができます。

特にVketに初めて触れる人でも参加しやすいので、衣装モデルやアクセサリーなどのモデルは作るけど、ブースまではハードルが高いという人向けに展開をしていきたいです。

Vketはさらに進化していく!

個人的に思い描いているのはVketを「万博」にすることです
これまでのVketは主に「3Dモデル」などのクリエイティブの展示会でしたが、今後はVR・メタバースの文化を展示・共有できる3Dのクリエイティブだけでない様々な要素を展示でき、見ることができるイベントにしていきたいです。

Vket2023Winterは、新たな出展形式も含めさらに進化していきます!!ぜひ楽しんでください!


この記事が参加している募集

#メタバースやってます

1,897件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!