見出し画像

【Vketプロデューサーレター】制作過程を大公開! 水砂の都 アビダール【第4回】

2023年7月15日(土)~7月30日(日)に開催される「Virtual Market2023 Summer」の制作の様子をいち早くお届け!Vketプロデューサーレターの第4回は、「水砂の都 アビダール」です。

👇前回はこちら!

砂上の魔法都市アビダール

おや、そこの旅の方
こんな場所まではるばるよくおいでなさった。
大変な旅だったでしょう?
なんせ周りには砂と岩しかありませんから……、へっへっへ。

ようこそアビダールへ
ここは巨大なオアシスの真上に建てられた水と砂と魔法の都。
観光客もめったに来ないし他の国との貿易もしてないので独自の文化が根付いておるのですよ。

ささどうぞご覧ください。この魔法道具の数々。
この不思議な品々は我が国で特殊に製造されたもの、ほかの国ではまず手に入らないでしょう。

お客さんは運がいい!
これは1000年に一度、願いを叶えてくれる精霊が宿っているといわれる魔法の瓶!
これはどんなドアでも3回だけ開けることができる魔法の鍵!
他にも様々な品々を揃えております。

さあどうぞどうぞ、ゆっくりとご覧ください。


アビダールという都市は、かつて砂漠の人々が過酷な環境で生き抜くために築いた驚くべきオアシスです。訪れる旅人たちは、特別な歓待や排斥感情ではなく、ただ物珍しそうな目で見られるだけです。

アビダールは、宮殿を中心に広がる都市で、宮殿は巨大なポンプのような役割を果たしています。この宮殿は、利水権を握ることでアビダールの統治を固めており、王国中に水を供給しています。

街を歩けば、狭い通路には鮮やかな布で作られた日除けが設置され、バザールでは様々な品物がやり取りされています。また、街を砂嵐や風から守るための壁も存在しますが、砂漠の風が吹き抜ける際には、砂が所々に積もっている光景が広がります。

水の豊富さにより、宮殿近くの地域は生活レベルが豊かで、植物の育成も盛んです。フルーツや花々が咲き乱れ、色鮮やかな風景が広がります。一方、下流に向かうほど水量は減少し、生活が厳しくなります。

驚くべき事実は、アビダールが純粋なオアシスではなく、「サビオス」と呼ばれる巨大な生物の亡骸であるということです。この生物は命を失っていながらも、水を供給し続ける不思議な力を持っています。

そこは魔法と冒険の世界への扉

アビダールを舞台にしたワールド体験では、プレイヤーは旅人となり、昼差分と夜差分の2つの時間帯で異なる冒険を体験することができます。

水砂の都アビダールは、砂漠の中に広がる魔法と冒険の世界への扉です。プレイヤーはこの素晴らしい都市を訪れ、昼と夜の時間帯で様々な体験をしながら、魅力的な文化や風景、そして魔法の力に触れることで、まるで夢の中にいるような感覚を味わうことでしょう。

冒険の舞台となるアビダールへの旅が、プレイヤーにとって忘れられない体験となることを願っています。


💡おすすめ記事💡

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!