見出し画像

【Vketプロデューサーレター】雅な空気漂うホテル牙城園【第4回】

2023年12月2日~12月17日で開催されるバーチャルマーケット2023Winter。制作の状況とお届けする「Vketプロデューサーレター」も冬仕様で復活です。一般ワールドをいよいよ公開!

第3回は、新規ワールドの「ホテル牙城園」です!


千年の伝統。壮麗なる殿堂。 ホテル牙城園ーーそれはまさに、世界が羨む極上の享楽。

牙城園は、世界の贅沢の粋を集めた最高級ホテルである。

帝国暦の幕開けとともに始まった、特権階級だけが足を踏み入れることを許された高級料亭をルーツに持ち、その高級感は当時から変わることなく、かつてない豪奢さを増している。

緋色と金色を基調とした華やかな内装。提灯や金屏風、色とりどりの蒔絵。
ロビーに一歩足を踏み入れれば、全世界の隅々から厳選され買い集められた一流の美術品や絵画が並ぶ。
客室は全てスイート以上で構成され、フロアごとに異なる趣向の雰囲気を楽しめる。
レストランでは世界の名だたるシェフが腕をふるい、ゲストの五感を満たす極上の料理を提供。

まるで贅沢そのものが体現されたかのような存在。
至福の時間と優雅な空間が絶えず絡み合い、極上の愉悦を感じさせる世界。
それが、ホテル牙城園。
真の富裕層だけに開かれた場所。
その豊かさを一度味わってしまえば、二度と元の世界へは戻れない。


バーチャルマーケット2023winterの一大注目スポット、ホテル牙城園が、訪れるユーザーに特別な体験を提供する準備が整いました。このエレガントなバーチャルワールドは、バーチャルマーケットの中でも際立っており、ユーザーが異世界の魅力に浸る場所として注目されています。しかし、この魅力的なホテルには、オーナーと支配人の確執が存在し、その対立がホテルの独自の魅力を生み出す要因となっています。

オーナーと支配人の対立

ホテル牙城園内では、オーナーと支配人の間に確執があります。オーナーである鳳 王唯(フォン・ワンウェイ)は、九龍帝国貴族階級の龍血族で、その神秘的な力は噂に事欠きません。彼は非合法活動や裏社会の組織との繋がりを持ち、その繋がりをいかんなく発揮し突き詰められた享楽は悪趣味で知られています。そんな彼が率いる「究極派」は、ホテル内の装飾に動物のはく製や彫刻、美術品などを多く配置します。

このオーナーと支配人が世界中からかき集めた贅の限りを尽くした“もてなし”が、ホテル牙城園での特別な体験を生み出しています。ユーザーはさまざまな場所を訪れ、特定のアクションを実行することで様々な“もてなし”を「用命」できます。この「用命」を積み重ねることによって、最終エリアのVIPルームで開催される宴会に、道中で「用命」した物品やNPC、アバターなどを並べ、宴会を豪華にすることができるのです。

ホテル牙城園は、オーナーと支配人の確執によって切磋琢磨され、世の中の勢を極めた非日常な雰囲気と、特別な体験を提供し、バーチャルマーケット2023winterの見逃せないスポットの一つとなっています。訪れるユーザーは、異世界の饗宴を堪能することができるでしょう。

この記事が参加している募集

#メタバースやってます

1,897件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!