見出し画像

【Vketプロデューサーレター】制作過程を大公開! 森聖街ヤポプエト【第5回】

2023年7月15日(土)~7月30日(日)に開催される「Virtual Market2023 Summer」の制作の様子をいち早くお届け!Vketプロデューサーレターの第5回は、「森聖街ヤポプエト」です。

👇前回はこちら!

亜熱帯列島に咲く木造りの社会「ヤポプエト」

ここはヤポプエト“森聖街”と呼ばれる地。
四季折々の様相見せる、大森林に囲まれた、大陸端の小さな島国。
街の中央そびえる大樹は、木と木がいっぱい寄り合って、御神木と呼ばれてる。
御神木は信仰あつめ、マホラ各地の生き物たちが、死の危険すらある大森林を、歩いて越えて、参拝に。
ひとたびこの地に辿り着けば、豊かな実りで豊かな暮らしが待っていて、
木と木がいっぱい寄り合うように、いろんな種族も寄り合って、大森林から恵み受け取り、楽しい日々を暮らしてる。
ながーい歴史を刻んだ街には、ふるーい地蔵や壁画があって、不思議な体験できるかも?
みんなも一度はこの街に、お参りに来たらいかがかな?


ヤポプエトはカスカアクアの東方に位置する亜熱帯の列島国家で、その特徴は、大森林と世界樹、そして神木信仰によって形成される独特な文化風景にあります。

ヤポプエトは中央に位置する超巨大な神木を中心に発展してきました。神木の外側と内部には住居や各種施設が配置されており、その周囲は大森林に囲まれています。この国は相対的にオープンな社会で、出入り自由ですが、森林には様々な危険な生物が生息しているため、街道以外からの侵入は困難です。

ヤポプエトの建築は木造が主流で、豊富な木材を使用しています。世界樹という信仰対象を中心に多くの種族が集まり、住居や神社を構築してきました。ここはメテコレプカをしのぐ信仰の地であり、多くの観光客が訪れます。

しかし、ヤポプエトの位置が大陸から遠く、大森林の中心に存在するため、参拝の旅は命がけの冒険となります。そのため、訪れる人々は数は多くないですが、訪れた客人が住むことを選ぶことがしばしばあります。

ヤポプエトの主な信仰は神木信仰です。それは死者の魂が神木に戻り、新たな生命として地上に戻るという信仰です。このため、神木に戻った先祖を奉る地蔵が各地にあります。

プレイヤーはこのヤポプエトに参拝し、あるいは住む者として、自然と共生する生物たち、自然崇拝と先祖崇拝、魂の循環を感じる宗教観、そして自然の驚異と恩恵を体験することになります。

具体的には、視覚的に魅せる方向性に加えて、壁画や地蔵などを通じて、ヤポプエトやその周辺の設定の一部を垣間見ることができます。ブースとブースの間の緩衝地帯には、過去の事件や信仰の記録が描かれた壁画や地蔵が配置されています。

自然と共生するケモの種族、そしてその信仰観を通じて、ヤポプエトの深い部分を感じ取ることができます。それはまさに、"咲いた大地の一端"を体験することでしょう。


💡おすすめ記事💡


この記事が参加している募集

#メタバースやってます

1,886件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!