見出し画像

Vketのお仕事はどんなもの?注目のディレクター業務をTwitterスペースで解説

先日、弊社のCEOがこんなツイートをしました。

その反響を受けて、急遽Twitterスペースにて採用活動や社内の風土について解説するイベントが開催されました。参加者には、CEOの船越、COOのさわえみか、そしてVketのPMであるなごみです。

HIKKYのディレクターの仕事とは?

HIKKYでは、VR業界におけるディレクターの役割が非常に重要であることを認識しています。彼らはクリエイターたちの作品をまとめ上げ、最高の形で発表する責任を持ちます。ディレクターは様々なプロジェクトをまとめ、リーダーシップを発揮することで成功へと導く役割を果たします。

HIKKYでは、内部のディレクターだけでなく、外部の協力者も積極的にチームに加えています。彼らは優れたスキルを持ち、クリエイターたちをサポートする役割を果たしています。ディレクターには、クリエイティブなメンバーをまとめ、プロジェクトを進めるための組織力と協調性が求められます。

求職者の中には即戦力となる人材もいますが、まだスキルが十分でない人材も存在します。例えば、日々アイデアやイベントを磨きながら自己成長を図っている人たちです。彼らは求人募集の条件に厳しい要件を満たしていないかもしれませんが、その情熱と努力は非常に貴重な要素となります。

Twitterスペースでは、参加者によってディレクター業務の本当の姿や重要な要素が共有されました。ディレクターの仕事は容易ではありませんが、その分、やりがいや成果を上げることで自身の才能や影響力を発揮できる魅力があります。


VketのPMの業務は、数多くのクリエイターと関わることです。彼女はディレクターとしての役割を果たすために、さまざまな部署とのコミュニケーションを重視しています。営業担当者やクライアントとの会議や、3Dモデラーやアーティストとの連携など、プロジェクトの進行において意思疎通を図ることが必要です。

また、なごみは自身の経験と募集要項を比較しながら、自身のスキルとの対応関係を考えています。彼女が採用された理由は、自身のやる気や熱意を示したこと、そしてHIKKYの事業や取り組みに対する興味を持って応募したことによるものでした。

👇HIKKYメンバーもかてぃさんの面接奮闘記

参加者からの質問にも回答

イベント主催者として活動している方々は、実際にイベントの企画やプロジェクトの進行を担当しています。このような役割経験がある人がディレクターに向いていると考えています。特に大規模なイベントや多様なチームとの調整が必要な場合には、その経験が役立つでしょう。

また、イベント主催者は自身でワールドを作成したり、さまざまな場所を借りて利用したりすることもあります。これらの経験を持つ人は、イベント全体をトータルでプランニングし、企画から実施まで一貫して担当することができるとなごみ氏は述べています。

さらに、VRChatなどのプラットフォームでのユーザーの反応やニーズに敏感であることも重要です。イベントを開催する際には、どのような人をターゲットにし、どのようなコンテンツが魅力的であるかを考える視点が求められます。

また、質問者からは副業についての質問もありました。副業についても時間や信頼関係によって柔軟に対応しています。ただし、仕事の責任をきちんと果たすことが求められるため、副業の時間や内容によっては調整が必要となる場合もあるとのことです。

HIKKYでバーチャルの世界を盛り上げよう!


HIKKYでは多岐にわたる仕事があり、個々の状況やニーズに合わせて柔軟な働き方が実現できるよう努めています。

また、今後もHIKKYでは、ディレクター業務に関する情報共有や交流の場を提供していく予定です。ディレクターとしてのキャリアを築きたい方やVR業界での成長を目指す方にとって、HIKKYは貴重な存在となるでしょう。

最後に、ディレクター業務に興味を持つ方々へのメッセージです。自身の情熱と努力をもって、ディレクターとしての道を歩んでみてください。VR業界は未来を担う成長産業であり、ディレクターとしての活躍の場は広がっています。自身の才能と創造力を発揮し、新たな世界を創造する一員となってください。

採用情報に関しては、以下のリンクから詳細をご確認ください。

🌟 採用情報はこちらから

✨Virtual Market2023 Summerのサイトはこちらから!


💡おすすめ記事💡

この記事が参加している募集

#メタバースやってます

1,897件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!